shop blog

ADDRESS
〒140-0002 東京都品川区東品川2-1-3
TEL
03-5495-9475
OPEN
<LUNCH>11:00~15:00
<DINNER>平日 18:00~23:00(L.O.21:30)
土日祝 17:00~22:00(L.O.20:30)
水曜日定休
back
next

Craft Christmas

date. 2017/11/09

いつもSØHOLM天王洲店のブログをご覧頂きありがとうございます。

 

今年のSØHOLM天王洲店のクリスマスのコンセプトは「Craft Christmas」

 

クリスマス装飾

 

 

絢爛豪華なわけではなく、装飾や料理、どこをとっても完成品の先に人の温かさや優しさ、そういったものが感じられるようなクリスマスを演出します。

「Craft」の意味は手芸品、工芸品などの工作物の総称です。

 

お客様が席についてはじめて完成する、お客様と作り上げるクリスマスになります。

 

メニューの詳細等はSNSで随時更新していきます。

3日間だけの特別ディナーになりますので、是非期待してお待ち下さい。

 

ご来店心よりお待ちしております。

 

mariage 

date. 2017/10/19

 

タイトルのマリアージュの意味はフランス語で「結婚」。

ワイン用語では料理とワインとの組み合わせ、またその相性のことをいいます。

 

ブログ用ワイン

 

11月6日(月)にSØHOLMで開催される「Tenute Rubino×SOHOLM Pairing Dinner」。

プーリア州サレント半島のブリンディジを本拠地とするテヌーテ ルビーノの現オーナー、ルイジ・ルビーノ氏を迎え、SØHOLMの北欧料理とのペアリングでワインの魅力や食事の楽しさをお届けします。

 

一皿一皿に厳選した一杯をご提供するので、ボトルオーダーでは成し得ないマリアージュをお楽しみいただけます。

 

ワインに詳しくない方でも気軽にご参加ください。

きっとお気に入りのワインが見つかるはずです。

 

ご予約心よりお待ちしております。

 

【詳細】

「Tenute Rubino×SOHOLM Pairing Dinner」

11/6(月)¥10,800

PER PERSON ※料理、ワイン、お手土産付き

19:00~22:00〔開場・受付け18:30~〕

※参加には必ずご予約が必要です。お電話にてスーホルム・天王洲(03-5495-9475)までご連絡ください。
※定員は30名様です。
※ご予約は定員になり次第締め切らせて頂きます。
※お支払いは当日店頭にてお願い致します。

 

 

 

ワインディナー

 

イタリア・プーリア州はサレント半島に本拠地を置く「Tenute Rubino(テヌーテ・ルビーノ)」と、ライフスタイルカンパニー「ACTUS(アクタス)」が運営する北欧料理レストラン「SØHOLM(スーホルム)」のコラボレーションディナーを開催いたします。

 

イタリアよりオーナーのルイジ・ルビーノ氏を迎え、プーリアの土着品種「ススマニエッロ」や、「プリミティーボ」といったテヌーテ・ルビーノが造るプーリアのアイデンティティと、スーホルムが表現する北欧料理とのペアリングは、ワインの奥深さ、食事の楽しさを皆様にお届けします。

インポーター・ディヴィーノ協賛の元、特別手配のワインも登場します。

それぞれのワインの個性にあわせて、1夜限りの特別コースをご用意しております。

料理とワインがそれぞれもたらす相乗効果で、豊かな時間を食事と共にお過ごしください。

 

皆様のご参加、心よりお待ちしております。

 



※参加には必ずご予約が必要です。お電話にてスーホルム・天王洲(03-5495-9475)までご連絡ください。
※定員は30名様です。
※ご予約は定員になり次第締め切らせて頂きます。
※お支払いは当日店頭にてお願い致します。



 

NEW DRINK

date. 2017/10/12

アランミリアのマンダリンや本物

ずいぶん前のブログでアラン・ミリアのメルロー、シャルドネジュースを紹介させて頂きました。

 

今回はアラン・ミリア マンダリンオレンジが仲間入りです。

 

 

 

 

シチリアをはじめとしたヨーロッパ産のマンダリンを使用。

甘みと軽い渋みがあり、飲むとリフレッシュするような心地よい味わい。

どろどろしておらず、すっきり、さっぱり飲めるジュースです。

 

果実の産地を厳選し、生産者と密に接することによって、果実の特徴を表現するために最適なタイミングで収穫しているアラン・ミリア。

自然の恵みである果実は気象条件などによって年ごとに特徴があるため、ワインのようにその年によって味とテクスチャーが異なります。

1年ごとに違う個性を活かした豊かな味わい、これがアラン・ミリアの魅力です。

 

是非一度お楽しみください∗

 

マドレーヌの思い出

date. 2017/10/05

image1 (28)

 

 

eg

フランボワーズと林檎の果肉がふわりと香る、秋にぴったりの紅茶です。

黄金色に焼き上がったマドレーヌのように豊かな風味のゴールデンユンナンと高地産のセイロンをブレンド。

 

今回は名前にも惹かれて「マドレーヌの思い出」を選びました。

食べる事(飲む事)と記憶は深く繋がっているものだと思います。

 

たとえばポータージュを飲んだ瞬間に思い出す恋人の顔。

グラタンを食べながら友人と話したこと。

紅茶を飲んだときによみがえる家族の記憶。

食と記憶については、フランスの作家マルセル・プルースト(1871―1922)の長編小説『失われた時を求めて』の中にでてくる逸話が有名ではないでしょうか。

 

「なにげなく紅茶を一さじすくって唇に運んだが、そのなかに柔らかくなったひとかけらのマドレーヌ がまじっていた。(略)お菓子のかけらのまじったひと口が口蓋にふれたとたん、私は身震いし、内部 で尋常ならざることがおこっているのに気づいた。(略)えもいわれぬ快感が私のなかに入りこみ(略) この強烈な歓びは、いったいどこからやって来たのだろう?(略)すると突然、思い出が私に立ちあら われた。その味覚は、マドレーヌの小さなかけらの味で、コンブレー(「私」が幼少時過ごした町の名 前)で(略)日曜の朝、叔母の部屋に行くと、叔母はそのマドレーヌを紅茶やシナノキの花のハーブテ ィーに浸して私に出してくれたのである。

 

『失われた時を求めて』は、一つの菓子を契機に主人公が家族や町全体の記憶を鮮明に蘇らせ、物語が展開していくという構成の小説です。

 

偶然この物語にたどり着いたとき、「マドレーヌの思い出」が持つ優しくも力強いメッセージを確かに感じ、10月の紅茶に決めました。

秋は優しい時間が流れる季節だと思っています。

 

「マドレーヌの思い出」、是非お楽しみください。

 

ご来店心よりお待ちしております。

 

carbonnades

date. 2017/09/22

 

朝、夜は気温が少しずつ低くなってとても過ごしやすい気候になってきました。

店頭には秋服が並んでいて新しい季節に少し心が躍ります。

今回は秋から冬にかけておすすめのメインディッシュ「猪のカルボナード」について紹介します。

カルボナードやで

carbonnades-カルボナード-はベルギーの郷土料理で、一般的には牛肉をビールで煮てとろみを付けたものです。

カルボナードという言葉はフランス語で炭という意味のcharbonが由来。

フランスのフランドル地方は以前隣合うベルギー北部と一緒に支配されており、現在はノール・パ・ド・カレ地方の一部となっているフランドルのその名残は、食文化にも色濃く反映されています。

スーホルムでは牛肉の代わりに猪を使用。ビールでじっくり煮込んだ猪肉はほろほろ柔らかく、旨みがぎゅっと詰まっています。

またごろごろのお野菜とバケットを一緒に煮込むのも特徴的です。

 

今年の秋・冬に是非お召し上がり下さい。

 

ご来店心よりお待ちしております。

 

 

 

Vegetable Platter

date. 2017/09/16

 

蝉の鳴き声も少なくなり、夏の終わりを感じます。

夏真っ盛りのときはうるさく思える蝉の声ですが、無くなると寂しくなりますね。

テラスはとても過ごしやすくなっております。

ランチでもほとんど満席となりますので、ご予約をおすすめいたします。

 

明日明後日と台風が接近しているようなので、外出の際はお気をつけください。

 

今回はオーガニック野菜をたっぷりとれる「ベジタブルプラッター」を紹介します。

 

ベジプラ

 

コリンキーやビーツ、ナスやラディッキオなど、カラフルで、まず目でお楽しみいただけるベジタブルプラッター。

野菜本来のみずみずしい味を楽しんでいただくための生野菜と、甘味を味わえるグリルの2種類を盛り合わせにしております。

ソースはたっぷりの黒オリーブとアンチョビのタプナード。

旬の野菜を是非スーホルムでお楽しみください。

 

*BBQプラン受付中です*

昨年同様たくさんの方々のお楽しみいただいております。

詳しくは過去のブログをご覧下さい。

https://soholm.actus-interior.com/?p=8915

夏の終わりのBBQ、涼しくておすすめです!

 

良い休日をお過ごしください。

 

ご来店心よりお待ちしております。

 

 

愛する紅茶

date. 2017/09/07

紅茶 POT

9月からの季節の紅茶 、[ENCHAN-THÉ,MON AMOUR-アンシャンテ・モナムール-]。

直訳すると

ENCHAN-THÉは「はじめまして」。

MON AMOURは  「愛する人、いとしい人、ねぇあなた」。

 

そんなロマンチックな紅茶には、緑茶をベースに、シナモン、ジンジャー、クローブ、オレンジピール、アニス、フェンネル、カルダモン、レモンピール等を贅沢にブレンドされており、どんな味がするのか、好奇心をくすぐられます。

 

オレンジピール、レモンピールやジンジャーがクローブやアニスの特徴的な個性をさっぱりまとめあげてくれているので、ちょっとスパイス系が苦手かも・・・という方にもお楽しみいただける一杯になっております。

9月から休日アラカルトメニューが始まっているので、お食事にあった紅茶となっております。

 

紅茶 人間

茶葉にお茶を注いで待つ時間はとても幸せな時間に思えます。

ふわりと漂う香りに、紅茶がこれからもたらす優しい時間を連想するからでしょうか。

1杯の紅茶を飲んで、一人でほっとするとき、紅茶を間に誰かと向かい合う時間。

 

SØHOLMのスタッフに紅茶を淹れるプロはいません。

ただ丁寧に、ポットを温め紅茶にお湯を注ぐ。

その動作に、お客様の一日が、いつもより少し幸せなものになればいいなという思いを込めています。

 

四季折々の紅茶をこれからも紹介していきますので、楽しみにお待ち下さい。

 

ご来店心よりお待ちしております。

 

Janssons frestelse

date. 2017/08/31

今回はSØHOLMの看板メニュー「ヤンソンの誘惑」について紹介します。

 

IMG_5707

 

 

ヤンソンの誘惑。またはヤンソンさんの誘惑と呼ばれます。

スウェーデンの伝統料理で、クリスマス定番のご馳走。

グラタン料理の一種で、アンチョビと玉葱が必ず入っているのが特徴です。

グラタンを作るときには普通、とろみをだすために小麦粉を入れますが、ヤンソンの誘惑はジャガイモをコトコト煮込んだとろみで作られています。

 

名前の由来は19世紀に実在したと言われる

菜食主義のエリク・ヤンソンという宗教家が、あまりにもおいしそうな見た目と、匂いの誘惑に負けて口にしてしまったとされる説が有力なようです。

名前に負けず、出来立てのヤンソンからはチーズのちょっぴり焦げた匂いと、熱さを物語る音が食欲を刺激します。

 

リピーターもかなり多く、SØHOLMにきたら絶対にヤンソン!と決めてきてくださる方も多い、人気の一品となっております。

 

 

是非一度お召し上がりください*

 

お盆が過ぎ、暦の上では段々秋に近づいているようです。

まだまだ夏の気配は漂っていますがテラス席は風が吹くととっても気持ち良いのでおすすめです*

 

テラス ブログ用やで

 

ディナーはほとんど埋ってしまうのでご予約をおすすめします。

BBQプランもご好評いただいております。

9月も実施しておりますので、都会の喧騒を忘れるひと時を是非お楽しみください。

 

◆営業時間変更のお知らせ◆

8月25日(金)Dinner貸切営業

8月30日(水)Dinner貸切営業

9月5日  (月)社内研修のため終日休業

 

ご了承お願い致します。

 

ご来店心よりお待ちしております。

 

 

 

 

 

 

to TOP